在宅ワークの種類とその詳細について【起業者向け】

私自身が比較的多くの在宅ワークに挑戦してきた為、ここでは結構リアルなところまでお伝えできるのではないかと思っています。

 

特に、ネットショップ、ドロップシッピング、PPC(リスティング広告、オーバーチュア)、アドセンス、アフィリエイトに関してはある程度の経験と知識を持っています。

 

ネットショップでは、はじめは自社サイトに挑戦しましたが、生半可の知識のまま手をつけた為、挫折して、結局ショッピングカートというものを利用して毎月の使用料を払いながらサイトの管理を行っていました。返って今の時代は、ネットショップを自分で作成、管理しようというのはナンセンスかもしれません。

 

ネットショップと同時にドロップシッピングにも手をつけました。ネットショップの経験を生かして、100ページ以上の商品をしっかり作りこみましたが、2件程度しか売れず完璧に挫折しました。

 

その次にPPCという、パソコンで検索をした時に横に出る広告(スマホなら上側か下側)に挑戦しました。これは少し説明がいるのでPPCの詳細ページで確認されて下さい。
この時に、かなり奇抜なアイデアで数万円の利益は出せましたが、費用対効果の点、何かを売るという力をつけるという点から、アフィリエイトを本格的にやろうと思いました。

 

アフィリエイトと同時にアドセンスのサイトも作成しましたが、アドセンスサイトはあえなく失敗(アドセンスサイトの詳細ページでお伝えします)。アフィリエイトではしばらく時間がかかりましたが、今では100万以上の売上げを叩き出すことができました。でも安定はしていないので、これからしっかりとサイトを作っていきたいと考えています。

 

ですが、これでも在宅ワークという大きなカテゴリの前では、ほんのひと握りの種類です。
在宅ワークには、それこそ様々な種類があり、稼げる金額もピンからキリまであります。

 

今回は私自身もあまり知らなかった在宅ワークも調べ上げて紹介していきます。

 

そのためここで紹介する仕事の中には、例え在宅ワークに精通しているという方でも目新しく感じる仕事があるかもしれません。
それでは一つ一つチェックされてみて、どんな在宅ワークがあって、どのようにして収益が発生するかを知って下さい。
それが、在宅ワークをはじめる上での第一歩となります。

 

私はアフィリエイトという仕事に専念してある程度稼ぐことが出来ていますが、誰もが同じような結果にはなりませんし、誰もが続けられるものでもありません。

 

まずは在宅ワークの種類にはどんなものがあるか、その種類の中にも自分なら続けられそうか、続けられそうにないか、などの視点でチェックされて下さい。

 

↓以下のカテゴリから読み進めてみて下さい↓

在宅ワークの種類【起業者向け】経験者だからこそ伝えられるもの記事一覧

私は2010年に副業でネットショップの開業をしました。2010年2月から着手して同年5月にオープンし、2013年4月まで運営をしています。その時は子供服を中心に販売していましたが、ネットショップと言ってもその方法は様々です。まず開業方法として大きく以下の2つに分かれます。自社管理仕入れ商品の管理、在...

私は現在アフィリエイトで生計を立てていますが、まずその証拠からお見せします。※振込み名義人の株式会社フォーイットとは、後に説明するASPのことです※サイトタイトルは「自分で稼げるパソコンの仕事を10分で探す」ですが、この時は「5分」と少々ゆるめで考えていました。この時、私は思いっきり仕事ばかりをして...

ドロップシッピングはネットショップ運営と非常に似ているビジネスモデルです。ネットショップとの大きな違いは、在庫を抱える必要がないという点です。発送も行う必要はありません。

正式名称はグーグルアドセンスで、検索エンジンで有名なグーグルが提供しているサービスです。アフィリエイトプログラムの一種で、ASPが提供している成果報酬型とは異なり、クリック報酬型が一番の特徴です。※グーグルが提供している広告をクリックすると報酬が発生する仕組みグーグルのアドセンスアカウントを取得して...

情報起業という言葉が流行ったこともありますが、その中で情報商材詐欺という言葉も流行ったように思います。情報商材とは、簡単にいうと「インターネット上の本」です。本の相場は新しいもので1500円程度ですが、情報商材は1万から5万程度までかなり高額な金額でやり取りがされました。私の記憶では、日本の情報商材...

インターネットで検索した時、下記の画像(赤枠)を見たことがあるかと思います。グーグル検索エンジンで表示しているものが「アドワーズ広告」、ヤフー検索エンジンで表示しているものが「オーバーチュア広告」となります。そして、これらを総称して「リスティング広告」や「PPC広告」とも言います。下記の画像はアドワ...

せどりに関しては検討する事はあっても、実際に経験したことはなかったので、うまくまとめられているサイトから以下の文を参照しました。〜ここから〜せどりとは、古本、CD、DVD等をブックオフ等の中古ショップで購入し、Amazon.co.jpや、Yahoo!オークションで転売して、差額を収入とする方法です。...

個人でのコンテンツ販売は情報商材の販売ともほぼ似ています。ただ、ちょっとした定義の違い、販売ルートの違いを個人的に感じたので、分けて記載させて頂きました。まずコンテンツとは何ぞや?というところからですが、インターネットにおけるコンテンツは動画音声テキストなどの情報の中身のことを指している事が主です。...

写真販売ができるサイトについてはコチラを参照下さい。写真販売のビジネスを始めることは簡単で、写真素材を用意する写真素材を販売専用サイトに登録し、価格を設定するだけです。写真撮影が好きな一般人、アマチュアカメラマン、プロのカメラマンまで多くの人が参入しています。多くの人が参入できる分、コンセプトを絞っ...

ここでは、データ化されたイラストを販売する方法などについて説明します。イラスト販売も写真販売とほぼ同じです。イラストを描く販売サイトにて登録し価格設定をするというような手順で販売することが可能です。イラストを描くのが好きな人にとって、イラストを売って稼ぐことができれば、この上ない話しですね。

写真販売・イラスト販売と同じく、動画販売もシンプルなビジネス・仕事内容です。動画撮影販売サイトにて登録し価格設定をするというような手順、流れで動画販売ができます。販売サイトについてはコチラのページを参照下さい。ただ細かい手順だと、撮影機材の準備⇒絵コンテ⇒撮影⇒編集⇒販売サイトへの登録といった手順で...