アドセンスとはどのようなビジネス・仕事内容か?

正式名称はグーグルアドセンスで、検索エンジンで有名なグーグルが提供しているサービスです。

 

アフィリエイトプログラムの一種で、ASPが提供している成果報酬型とは異なり、クリック報酬型が一番の特徴です。
※グーグルが提供している広告をクリックすると報酬が発生する仕組み

 

グーグルのアドセンスアカウントを取得して、アドセンスコードといわれるコードをサイト内に貼って広告を表示させるのですが、クリック単価はおよそ以下のようになっています。

 

1クリック単価=数円から数千円

 

コンテンツとのマッチ度が高いほど、単価が高い広告が表示されます。
つまり、ジャンルが特化されたものほど高単価の広告が狙えます。

 

 

 

 

ネットサーフィンをしている時、上記画像のように広告が表示されているサイトは見かけませんか?
そのようなサイトで表示されている広告がグーグルアドセンスだったり、アフィリエイト広告だったりします。この2つは類似しているので、見た目的にはあまり変わらなかったりします。

 

ただグーグルアドセンスの場合は「Sponsored Link」「Ads by Google」といった表示がされているので、比較的分かりやすい広告表示がされています。

 

サイトがクリックされなければ報酬は発生しませんが、逆に言うとクリックされるサイトは、ある意味「ほったらかしで報酬を得られる」という事になります。

アドセンスにおける必要経費・料金

条件つきではありますが、特定のブログサービスでアドセンスを開始する事が可能です。つまり、ブログなら経費や料金はかかりません。

 

特定のブログサービスは以下になります。

※ブログサービスによって利用不可になっている場合もあるので、随時確認が必要です。

 

 

あとはご自身でサイトを作成してアドセンスを始めることも可能ですが、こちらはドメインとサーバが必要になります。詳細についてはネットショップの開業方法についてご確認下さい。

アドセンスの月収はどれくらいか?実際に稼いだ人の数字

アドセンスを始めるにしても起業と一緒なので、もちろん個人差はあります。
ただ私の周りには実際にアドセンスで稼いでいる人もいます。

 

それぞれ月々のアクセス状況によって異なりますが、毎月1万から最高300万程度までいます。

 

私がその人達のサイトを見て思うに、ジャンルが特化されているかされていなかの違いかと感じています。

 

芸能人の情報に特化しているサイト
アプリのレビューに特化しているサイト
その他、特定のジャンルに特化しているサイト

 

誰でもできるようなサイトは数万円から数十万程度で、手間がかかっているサイトが数百万円を叩き出しています。

 

しかし、コンテンツには気を配らなければなりません。グーグルは「高品質のサイト」にこだわりを持っています。
そのため、誰でもできるようなアドセンスサイトを作成することはおすすめできません。

 

例えば誰でも作成できるようなサイトを作ったとして、仮に1日1000円の報酬を安定的に稼いだとしても、1日1000円を超えた時点でグーグルからの「目視」があるという噂があります。その時に「低品質のコンテンツサイト」という判断がされると、これまでアクセスされていた検索キーワードが一気に下落(圏外へ飛ぶ現象)してしまうのです。

 

これを手動ペナルティと言いますが、一度手動ペナルティを受けると、そのサイトで再開するのは難しいので、すみやかに広告ははずして、他のサイトでアドセンスをやるのが無難だと言われています。
もし広告を放置したままだと、早い時で1週間程度でグーグルのアドセンスアカウントが削除されることがあるようです。

 

グーグルのアドセンスアカウントが削除されることを、アボセンス(2ちゃんねるの造語)とも言います。アボセンスされてしまうと、同じアカウントで再取得はできません。対策としては、別ドメイン、別メールアドレス、別住所、別人として再登録する方法が一番無難だと言われています。

 

このようにグーグルは、低品質のコンテンツ、インチキでクリックさせている、またはクリックしているサイトに対して厳しい対策を行います。

 

そのため、もしグーグルアドセンスでしっかり稼いでいきたいのなら、始めから「他の人に真似ができない、自分にしかできないようなコンテンツ」を目指す必要があります。

アドセンスに対する個人的感想と向いている人

アドセンスに対する個人的感想

私自身アドセンスを行ったことがありますが、その当時何も知らずにアドセンスを始めてしまったので、速攻でアボセンスになりました。原因はASPアフィリの広告を貼っていた為です。それこそ何百ページもあって、価値のあるコンテンツでないとASPアフィリエイトの広告とアドセンスの広告を同時に貼ることができないと詳しい人から教えてもらいました。それからアドセンスは行っていないのですが、またいつか価値のあるコンテンツサービスを提供したいと考えています。

アドセンスに向いている人

アドセンスに向いている人は、多趣味の人だと思います。もちろん、記事の外注化によってアドセンスサイトを作ることも可能ですが、記事の外注をするにしても、それなりの設計ができていなければ、結局アボセンスされる可能性が高くなります。

 

もしアドセンスを始めようと考えるなら、まずは「自分の趣味の中からアドセンスサイトを作ってみたいと思うもの、もしくは得意なもの」から考えていくと良いかと思います。そして、アドセンスでいくら稼ぐかというよりも、どれだけ自分好みのサイトを作るか?に集中できる方が望ましいと感じています。

アドセンスで個人的にオススメの本

個性を出すアドセンスサイトを考えている人におすすめ

アフィリエイトやアドセンスにおける個性の活かし方のヒントが詰まっている本です。

 

ほとんどの人に言えるのが、インターネットは世界中と繋がるのに、同じような内容を発信しているという事。企業だけでなく、個人も堂々と情報を発信できるようになったのに、もったいない。この本から「インターネット上における個性とはどんなものか?」というのが少なくとも学べるのではないかと思います。

 

あと、実際のサイトも紹介している点で信頼におけます。そしてその妻の存在も大変貴重です。恐らく、この妻と一緒だったことで、インターネット上で収入を得られるようになったのかな?と感じてしまうほどです。


 

 

 

アドセンスの導入から応用までが分かる本

アドセンスをこれから始めようという人に、入門書としておすすめなのがこの本。

 

アドセンスをやった人なら分かるかと思いますが、まず混乱するのがあのアドセンスアカウントでログインした後の「管理画面」。

 

かなり複雑でどこをどのようにしたらいいかで混乱するかと思うので、分からないまま何となく触るよりも、この本を見ながら進めるのがオススメです。

 


関連ページ

ネットショップの開業方法には色々ある|合わせてオススメの本
ネットショップの開業方法にについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられる情報をお伝えしています。
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?という点について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報をお伝えしています。
ドロップシッピングとネットショップの両方を体験した私の声
ドロップシッピングとネットショップの両方について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
情報商材が詐欺と言われる理由|もし起業するとしても要注意
情報商材が詐欺と言われる理由について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
オーバーチュアとリスティングの違いについて
オーバーチュアとリスティングの違いについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報が伝えられます。
せどりは儲からないものか?問題点から切り口を探す
せどりは儲からないものか?について書いています。初心者でも理解できるよう説明します。
個人がコンテンツ販売をするにはどんな手段があるのか?
個人のコンテンツ販売について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
写真販売をネットで|副業でならまずは市場のニーズから
写真販売で副業を考えている人へ書いています。販売以前の前に考えておくと良いことを述べているので参考にされて下さい。
イラストを売る方法とサイトの紹介
イラストを売る方法とサイトの紹介について書いています。イラストを描くのは好きだけど、インターネットで売るところが分からない人に役立ちます。
動画を販売したいなら本気で制作に取り掛かる
動画の販売について書いています。ここでは、まず販売する前に「本気で取り掛かる必要性」について説明しています。