動画販売とはどのようなビジネス・仕事内容か?

写真販売・イラスト販売と同じく、動画販売もシンプルなビジネス・仕事内容です。

 

動画撮影
販売サイトにて登録し価格設定をする

 

というような手順、流れで動画販売ができます。
販売サイトについてはコチラのページを参照下さい。

 

ただ細かい手順だと、

 

撮影機材の準備⇒絵コンテ⇒撮影⇒編集⇒販売サイトへの登録

 

といった手順で撮影を進めるのが一般的です。

 

動画販売における必要経費・料金

動画販売における必要経費・料金ですが、ピンキリです。
そのため、どの程度の撮影を行うか、どのくらい予算があるかにもよります。

 

もしクオリティを求めるなら、以下のような撮影カメラ・撮影機材・動画編集ソフト・パソコンが必要です。

 

撮影カメラ(Cannon EOS 7d)
動画編集ソフト(ファイナルカットプロ、エディウスシリーズ)
MACもしくはWindowsの最高スペックPC
 (CPUがi7、メモリが8GB以上)

※撮影機材に関しては、どんな撮影を行うかにより変わってきます。

 

特にクオリティや撮影環境、撮影条件を求めなければ、無料の範囲内でできます。今や撮影もスマホ1台あれば可能ですし、動画編集ソフトも日本製のパソコンにはほとんど内臓されています。

動画販売は本気で製作に取り掛かった方がいい

簡単な動画製作を行った経験と、プロのカメラマンに動画の外注を行った経験、教わった経験から感じるのは、「動画製作は本気で取り掛かった方がよい」という事です。

 

簡単な動画はいくらでも作れます。しかし、よりクオリティの高い動画を作る、または販売するには、それなりのクオリティと動画撮影に関する知識が必要だと思います。

 

まず動画を欲しがっている人たちはどういう人達が多いのか?

 

ホームビデオを欲しがっている人はほとんどいないはずです。
そして個人撮影によるアングラな映画を欲しがっている人も少ないはずです。

 

アダルティな動画を除いて一般的に動画を欲しがっているのは以下だと思われます。
※あくまでも個人的見解です。

 

中小企業 中小企業のアピール動画やイメージ動画。
ブライダル ブライダル全般における動画撮影と動画編集。外注や専属の方が行っていたりします。
音楽アーティスト 主にPV撮影。こちらも外注や専属カメラマンが撮影から編集を行ったりします。

 

これらの動画は、シンプルものもあれば、かなりうまく編集されたものまであります。

 

ちなみに、動画販売サイトの中でも大手とも言える「ピクスタ」では、以下のようなカテゴリで動画が販売されています。

 

 

これらのサンプルをチェックしてみて感じたかと思いますが、その共通点は動画解像度が高く、高画質です。
つまり、ある程度整った条件で撮影をしています。これは企業、ブライダル、音楽PVの動画においても同様のことが言えます。

 

そのため、個人で動画販売を行うことは、それなりの出費と労力を意味します。
だから、始めから本気で取り掛かる必要があるのです。

動画販売に対する個人的感想と向いている人

動画販売に対する個人的感想

趣味の範囲で始めるならよいかと思いますが、しっかり稼いでいきたいと考えるなら「かなり険しい道」という事を認識しておく必要があるかと思います。クオリティを求めるほど出費も多くなり、なおかつ撮影技術も必要とされます。撮影技術はすぐに向上するわけではないので、時間を要します。動画販売をするにしても、今の自分に豊富な資金と時間があるか再確認しましょう。

 

ただ、個人での動画販売以外にも道があります。それは上記で紹介した「ブライダル」「音楽PV」などの撮影です。
これらは撮影会社や個人の人脈で受注します。ただし、撮影会社に入るにはそれなりの技術を持ち合わせている必要があるし、個人の人脈で受注するにしても同様です。

 

どちらにせよ、しっかりとした技術を獲得するために資金と時間の投入が必要になるはずです。

動画販売に向いている人

動画販売に向いている人は「こだわりと柔軟性を持ち合わせている人」です。撮影カメラや動画編集ソフト、パソコン、撮影機材の何から何まで、その人の嗜好で全て変わってきます。しかし、そのほとんどが「誰かのため」に作成するものです。その「誰か」からヒアリングができればよいのですが、動画のみの販売だとそうもいきません。そうなると、ある程度自分で必要とされている動画を作成する必要があります。少しでもストーリー性のある動画を作成する場合、「撮影準備」⇒「絵コンテ」⇒「撮影」⇒「動画編集」などの多くプロセスを必要とします。つまり、「こんな動画にしたい!」といったようなこだわりがなければ販売までのプロセスにもたどり着けません。そしてもし動画販売だけでなく、撮影会社への就職やフリーカメラマンとして活動するなら、それなりの技術はもちろんのこと、クライアントとの調整が必要になるために柔軟性が必要とされます。ここで言う柔軟性はコミュニケーションの意味合いが強いのですが、しっかりとしたヒアリングを元に、クライアントが求めている「絵」をしっかり提供しなければ、また使ってもらえないし、口コミでも広がりません。そのため、こだわりと柔軟性の両方を持ち合わせている人が向いている人と言えるでしょう。

動画販売で個人的にオススメの本

少しでも収入になれればいいなと考える人へ

とりあえず、自分の作った動画を売ってみたいと考える人におすすめの本です。

 

youtubeには「YouTubeパートナーシップ」というアドセンスに近いクリック報酬があり、投稿した動画に広告を表示させることで、1000再生数あたり「70円前後」の広告収入が得られます。

 

そのyoutubeパートナーシップで再生回数を増やすための撮影方法やネタに関して説明されています。ただ動画編集に関しては説明はないのであしからず。


 

※動画編集関連の本に関しては、様々な編集ソフトがあり、常にバージョンアップされているため、購入するタイミングで探すのが無難です。

関連ページ

ネットショップの開業方法には色々ある|合わせてオススメの本
ネットショップの開業方法にについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられる情報をお伝えしています。
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?という点について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報をお伝えしています。
ドロップシッピングとネットショップの両方を体験した私の声
ドロップシッピングとネットショップの両方について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
アドセンスの月収はどれくらいか?|実際に稼いだ人を元に考える
アドセンスの月収はどれくらいのものか?について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
情報商材が詐欺と言われる理由|もし起業するとしても要注意
情報商材が詐欺と言われる理由について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
オーバーチュアとリスティングの違いについて
オーバーチュアとリスティングの違いについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報が伝えられます。
せどりは儲からないものか?問題点から切り口を探す
せどりは儲からないものか?について書いています。初心者でも理解できるよう説明します。
個人がコンテンツ販売をするにはどんな手段があるのか?
個人のコンテンツ販売について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
写真販売をネットで|副業でならまずは市場のニーズから
写真販売で副業を考えている人へ書いています。販売以前の前に考えておくと良いことを述べているので参考にされて下さい。
イラストを売る方法とサイトの紹介
イラストを売る方法とサイトの紹介について書いています。イラストを描くのは好きだけど、インターネットで売るところが分からない人に役立ちます。