イラスト販売とはどのようなビジネス・仕事内容か?

ここでは、データ化されたイラストを販売する方法などについて説明します。

 

イラスト販売も写真販売とほぼ同じです。

 

イラストを描く
販売サイトにて登録し価格設定をする

 

というような手順で販売することが可能です。

 

イラストを描くのが好きな人にとって、イラストを売って稼ぐことができれば、この上ない話しですね。

イラスト販売における必要経費・料金

イラスト販売における必要経費・料金もシンプルです。

 

イラスト作成ソフト(アドビのイラストレーターなど)
イラスト販売サイトでのシステム利用料
※場合によっては画像加工ソフトの購入も必要になります。

イラストを売る方法について

イラストを売る方法については、写真販売と若干似ています。

 

販売サイトにおいては、写真販売に専属契約があるように、イラスト販売も専属契約があったりします。

 

安定した収入を得るなら、専属契約を結ぶことが必須ですが、市場が必要としているイラストを提供する事ができればそれなりに売れるはずです。

 

個人・法人の規模に関わらず、多くのコンテンツ販売会社、ネットショップサイト、ドロップシッピングサイト、アドセンスサイトがイラストを欲していますから。
ただ、個人的にはイラストレーターの方はビジネスに走ってほしくないという思いがあります。
※その理由については以下の「イラスト販売に向いている人」で述べています。

 

〜〜〜私がイラストレーターの人と接触した時〜〜〜

 

コンテンツ販売のページで、5,500万ほどの莫大な費用がかかる音楽アプリのプロジェクトをしていた時、イラストが必要になりました。そこで色々と調べたところ、法人よりも個人単位で活動されている方が圧倒的に多い状況でした。個人の方は主にブログで情報を発信していて、これまでのイラストをブログに掲載していました。そのため、音楽アプリで求めているイラストレーターをすぐに見つける事ができました。

 

その時、「キャラクターイラスト1枚あたり●千円〜●万円」といった感じで、イラストには相場価格がないように思いました。

 

安い人は1キャラクター数千円(キャラが決まっている場合)、高い人で50万円。

 

これらは、知名度や実績があるかないかで金額が大きく変動していました。

 

でも私の決め手は「イメージしたイラスト、タッチで描かれているか」という点にこだわりました。
恐らく他の依頼者でも、同じ視点で依頼するケースが多いかと思います。

 

安いか高いかよりも、イメージしたイラスト、イメージしたタッチのイラストレーターか?
という点です。そこがとても重要に思います。

 

私が契約する手前までいったイラストレーターは、あらゆるタッチでイラストが描ける女性でした。その中で本能的に「ピン!」とくるイラストがあったので、声をかけたまでです。

 

そのため、もしイラストを売る方法について悩んでいるなら、専用ブログを開設して、そこにできる限り色んなタッチ、色んなキャラクターを描いたイラストをアップすることをオススメします。あと、もしもっと行動したいと考えるなら、素材集の本を出版するのもおすすめです。ネットショップを運営していた頃、私とその周りは1冊2000円以上の素材集を何十冊も購入していましたから。

 

ブログで様々イラストをアップする時に、二次利用が心配になるかと思いますが、気にする必要はないかと思います。個人的には、ブログにどんどんイラストをアップしているイラストレーターの方が好印象でした。二次利用される心配よりも、依頼が入る嬉しさの方が絶対に良いはずです。

イラスト販売に対する個人的感想と向いている人

イラスト販売に対する個人的感想

イラスト販売については、多くのニーズがあるので、もしニーズのあるイラストをどんどん描けるのであれば挑戦してもよいかもしれません。

 

ただ、私がイラストレーターを探していた時、法人よりも圧倒的に個人で活動されている方が多かったです。そのため、法人で営業できるほど甘くはないのかもしれません。それでもイラストは写真販売と比べて、圧倒的に「リピーター」がつきやすいものです。

 

写真と違い、イラストレーターのタッチが顕著に表れるので、「やっぱりこの人にしかこのイラストは描けない」と感じる人が多いと思うのです。

イラスト販売に向いている人

イラスト販売に向いている人の第一条件としては「イラストを描くのが純粋に好きな人」です。当たり前のことを言うなと思うかもしれませんが、イラストの販売はけっこう特殊なビジネスです。自らの創造性がつまったイラストを販売するのですから。

 

ビジネスを優先に考えてもよいのですが、ビジネス優先だとイラストにおける一番大切な「個性が失われる」ような気がします。

 

そのため、イラストを描くのが純粋に好きである事と、利益の追求に走らずに、ひたすら自分らしいイラストを描ける人が向いている人ではないでしょうか。

イラスト販売で個人的にオススメの本

初めてイラストレーターに挑戦する人へ

アドビ社のイラストレーターに限られますが、ほとんどイラストレーターはこの「イラレソフト」を使用するかと思います。

 

趣味でもいいからやってみたい人、始めたのはいいけど操作が難しいという人にオススメです。


関連ページ

ネットショップの開業方法には色々ある|合わせてオススメの本
ネットショップの開業方法にについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられる情報をお伝えしています。
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?という点について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報をお伝えしています。
ドロップシッピングとネットショップの両方を体験した私の声
ドロップシッピングとネットショップの両方について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
アドセンスの月収はどれくらいか?|実際に稼いだ人を元に考える
アドセンスの月収はどれくらいのものか?について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
情報商材が詐欺と言われる理由|もし起業するとしても要注意
情報商材が詐欺と言われる理由について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
オーバーチュアとリスティングの違いについて
オーバーチュアとリスティングの違いについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報が伝えられます。
せどりは儲からないものか?問題点から切り口を探す
せどりは儲からないものか?について書いています。初心者でも理解できるよう説明します。
個人がコンテンツ販売をするにはどんな手段があるのか?
個人のコンテンツ販売について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
写真販売をネットで|副業でならまずは市場のニーズから
写真販売で副業を考えている人へ書いています。販売以前の前に考えておくと良いことを述べているので参考にされて下さい。
動画を販売したいなら本気で制作に取り掛かる
動画の販売について書いています。ここでは、まず販売する前に「本気で取り掛かる必要性」について説明しています。