コンテンツ販売とはどのようなビジネス・仕事内容か?

個人でのコンテンツ販売は情報商材の販売ともほぼ似ています。
ただ、ちょっとした定義の違い、販売ルートの違いを個人的に感じたので、分けて記載させて頂きました。

 

まずコンテンツとは何ぞや?というところからですが、
インターネットにおけるコンテンツは

 

動画
音声
テキスト

 

などの情報の中身のことを指している事が主です。

 

つまりコンテンツ販売とは、動画・音声・テキストに関わるサービスを提供するという事です。

情報商材ではテキストが多いのですが、コンテンツ販売と同じく、動画、音声に関する商材もあります。しかし情報商材とコンテンツ販売とでは、一般的に抱いている概念が異なるかと思います。

 

情報商材の販売=怪しさがある
コンテンツ販売=WEBに精通する人が販売するもの

 

この概念は私の先入観でもありますが、コンテンツ販売となると、その先入観からかなぜか怪しさがなくなるのです。

コンテンツ販売における必要経費・料金

個人でのコンテンツ販売なので、どんなサービスを提供するかによりけりです。
販売ルートによってシステム利用料が発生する場合もあります。

 

個人といえども、例えばアプリ販売もコンテンツ販売のうちに入りますが、アプリ製作の段階で外注を行うなら、その外注費用がかかります。
音声を販売しようと考えた時にも、音声録音機器がなければ、その分の費用・料金がかかります。

 

コンテンツによっては「意外とお金がかかってしまった」というケースもよくあるので、事前に確認しておくことは必須です。

 

 

 

ちなみに私は音楽のアプリ販売を試みたことがあります。

 

IT関連の投資に力を入れている会社に企画を持ちこみ、スマホとアイフォンでの販売展開、総費用、その後の収益性、アップデートまで、一連の流れを企画書にまとめたところ、総費用は

 

55,000,000円

 

にも上りました。この企画を通すことも可能でしたが、販売開始前にかかる時間、販売開始後の会社との調整時間、売上げの8割をもっていかれるという点が後になって引っかかったため、最終プレゼンの審査を丁重に断りました。

 

個人がコンテンツ販売できるルート

個人もしくは企業のコンテンツ販売ルートは様々です。知っている範囲で紹介します。

トータルコンテンツサービス

※写真、イラスト、動画、情報商材などを含める、全てのコンテンツを取り扱うサービス

カラーミーショップ
FC2ショッピングカート
デジコンカート
インフォトップ
インフォカート
ヤフーオークション
ガムロード

写真・イラスト販売

ピクスタ(動画・写真・イラスト販売可)
アイストックフォト(動画・写真・イラスト販売可)
フォトリア(動画・写真・イラスト販売可)
フォトライブラリー(写真・イラスト販売可)
フォトラボ(写真のみ)

動画販売

ムービーコマース
ソーシャルキャスト
ネクフル
シナプス

サイトやブログ

サイトやブログを通してメールマガジンの登録を誘導し、メールマガジンを通してコンテンツを販売する方法もあります。

 

その際は、不定期にメールマガジンを配信したり、ステップメールのシステムを活用して、あらかじめ用意したメール文面を数回に分けて送信する事も可能です。
また、メールマガジンを通さなくても上記で紹介したトータルコンテンツサービスの登録アドレスに紹介する事も可能です。

SNSやツイッター

サイトやブログ、登録したコンテンツサービスのアドレスへ誘導するために、フェイスブックやツイッターを利用する方法もあります。

 

個人で立ち上げてもいいし、販売するコンテンツのコンセプトに特化して立ち上げるのもアリかと思います。

投資を受ける

私がアプリ製作の投資を受けようとしたように、もしコンテンツに莫大な費用がかかる場合は、投資会社に企画を持っていく手段もあります。

 

そこで1点だけ理解しておく事は、「よい企画というのは、コンテンツだけでなく、収益性もセットであること」という点です。

 

投資会社は、投資するからには回収をしなければなりません。どんなにいいコンテンツだとしても、キャッシュポイントはどこにあるのか?という点を最重要事項としましょう。

コンテンツ販売に対する個人的感想と向いている人

コンテンツ販売に対する個人的感想

コンテンツ販売に関しては、販売できるコンテンツやそれを取り扱うサービスが多いので、正直何とも言えません。強いて言えることは、取り扱うサービスが多い分、色々なサービスを試す必要があるという事です。もちろん、ご自身のサイトやブログ、投資を受けるなどの方法もありますが、それを行うには敷居が高いと思うのです。サイトやブログから集客するにはある程度のSEO知識、ライティング力を必要とするし、投資を受けるにしても発想力、企画力、マネタイズ(収益化)など、多くの能力が問われます。

コンテンツ販売に向いている人

個人でコンテンツ販売に向いている人は、「職人気質の人」だと感じています。どんなコンテンツを作るにしても、ある程度専門性がなければいけません。それこそ「この道何十年」というような職人気質の人のコンテンツの方がまだ売れるのではないかと。これが法人単位なら、職人気質よりも「ビジネス全体を動かす力がある人」になるのですが、個人なら職人気質の人かと思います。

 

コンテンツ販売で個人的にオススメの本

通信業界を理解しコンテンツ販売に活かす

初心者も玄人も通信業界についてある程度知るには読んでおきたい本。

 

この通信業界をある程度知ることで、コンテンツ販売においてどんな戦略で行けばよいのかというヒントが得られるかと思います。

 

図解で展開するという事と、難しい言葉は辞書がひけるという点が理解度を深めます。

 


関連ページ

ネットショップの開業方法には色々ある|合わせてオススメの本
ネットショップの開業方法にについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられる情報をお伝えしています。
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?という点について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報をお伝えしています。
ドロップシッピングとネットショップの両方を体験した私の声
ドロップシッピングとネットショップの両方について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
アドセンスの月収はどれくらいか?|実際に稼いだ人を元に考える
アドセンスの月収はどれくらいのものか?について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
情報商材が詐欺と言われる理由|もし起業するとしても要注意
情報商材が詐欺と言われる理由について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
オーバーチュアとリスティングの違いについて
オーバーチュアとリスティングの違いについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報が伝えられます。
せどりは儲からないものか?問題点から切り口を探す
せどりは儲からないものか?について書いています。初心者でも理解できるよう説明します。
写真販売をネットで|副業でならまずは市場のニーズから
写真販売で副業を考えている人へ書いています。販売以前の前に考えておくと良いことを述べているので参考にされて下さい。
イラストを売る方法とサイトの紹介
イラストを売る方法とサイトの紹介について書いています。イラストを描くのは好きだけど、インターネットで売るところが分からない人に役立ちます。
動画を販売したいなら本気で制作に取り掛かる
動画の販売について書いています。ここでは、まず販売する前に「本気で取り掛かる必要性」について説明しています。