写真販売とはどのようなビジネス・仕事内容か?

写真販売ができるサイトについてはコチラを参照下さい。

 

写真販売のビジネスを始めることは簡単で、

 

写真素材を用意する
写真素材を販売専用サイトに登録し、価格を設定する

 

だけです。

 

写真撮影が好きな一般人、アマチュアカメラマン、プロのカメラマンまで多くの人が参入しています。多くの人が参入できる分、コンセプトを絞った上で写真素材を提供していきたいところです。

写真販売における必要経費・料金

写真販売における必要経費・料金はシンプルです。

 

カメラ(デジタルカメラ・一眼レフカメラ)
写真販売サイトでのシステム利用料

 

そのほか報酬システムなどに関してはコチラのサイトが役立ちます。

ネットで写真販売の副業をするなら市場ニーズから知る

ゴッホが亡くなった後に評価されましたという話しは有名ですが、ネットにおける写真販売もそれと同様です。

 

感性のみで撮影をするのか?
市場が欲しがっている写真を撮影するのか?

 

ここが大きな分かれ道です。

 

もし副業で稼ぐというよりも、自己満足のために撮影をしたいなら感性のみで撮影をしても良いでしょう。もしかしたら、それが大きく評価されカメラマンとして大きく名を馳せるかもしれません。
もし副業で稼ぎたいなら、市場が欲しがっているもの、つまりニーズを知る必要があります。

 

これは写真販売だけでなく、多くのビジネスにも同じことが言えます。

 

写真販売の副業である程度収入を得たいという場合、市場ニーズを知らなければなりません。

 

どんな人や企業がどんな写真を欲しがっているのか?

 

これを把握することができれば、写真販売の副業でもある程度の収益になるかと思います。

 

 

 

ここで、私の記憶にあるもので申し訳ないのですが、テレビで取り上げられた事例を紹介します。

 

そのテレビでは、「副業で稼ぐ主婦」といったコンセプトで番組放映がされていました。

 

そこで写真撮影で月5万以上を稼ぐ主婦がピックアップされていたのですが、やっている事はとてもシンプル。

 

撮影していたのは、子供がサッカーやその他スポーツをしている写真

 

それだけです。番組がリサーチしたところ、企業の公式サイトなどでその写真が活用されるとの事。

 

その主婦は週二日、「子どもが意気揚々と遊ぶイメージ」にコンセプトを絞って写真を数百枚撮影していました。子どもとの時間を作りながら、それを報酬にする。主婦にとってはこの上ない時間ですね。

 

もしこれからネットで写真販売の副業を始めるなら、無理にコンセプトを絞るよりも、テレビで取り上げられた主婦のように、ご自身の趣味や環境にマッチしながらコンセプトを絞ることをおすすめします。そうすれば、日常生活に無理がない範囲で写真撮影の時間が取れるかと思います。

写真販売に対する個人的感想と向いている人

写真販売に対する個人的感想

ネットでの写真販売に関しては、感性や芸術性が問われる反面、市場のニーズを知らなければならないという事も求められるので、個人的には「簡単ではないのかな?」というところです。私自身は数年前に、ブログ運営のためにデジタル一眼レフを購入して、子どもの面白写真や動画をアップしていました。

 

その時のブログがコレです

 

写真販売と関連性を感じないかと思いますが、まず知って頂きたいのが一眼レフの性能についてです。今ではアイフォンのカメラもかなりよい解像度、画質ですが、その特性上、望遠や広角で撮影することはこれからも不可能でしょう。デジタルカメラも性能が進化しているかと思いますが、どこまで進化しているかは不明です。

 

どちらにしても市場は、公式サイトやあらゆる販売サイト(ネットショップ、アフィリエイトサイト、ドロップシッピングサイト、アドセンスサイトなど等)での活用を検討しているので、高画質、高解像度の写真データであることが必須と言えます。

 

もし私がネットの写真販売に参入するなら、何を被写体にするかは別として

 

デジタル一眼レフ
望遠レンズ
広角レンズ

 

これらを揃えた上で、個人や企業がどんな写真を求めているか?という点から撮影していきます。

写真販売に向いている人

写真販売に向いている人の第一条件として「感性豊かな人」であることは間違いないと思います。写真はその人の感性がそのまま出ます。ただ感性だけでなく、個人や企業が求められている写真も撮影していく必要性も感じるので、「トレンドにも敏感な人」が報酬を得られ続けるのではないでしょうか。

写真販売で個人的にオススメの本

デジタルカメラ・一眼レフで魅力を引き出す

デジタルカメラ・デジタル一眼レフでの撮影方法やテクニックを紹介しています。
ネットショップを始めたいという人にもオススメできるし、単純に撮影テクニックだけを知りたい人にもオススメできます。

 

ですがそれよりも見て欲しいのが、本に掲載されている写真。

 

これを見るだけで、一般的にどんな写真が良い写真とされているのかが感覚的に理解できるかと思います。


関連ページ

ネットショップの開業方法には色々ある|合わせてオススメの本
ネットショップの開業方法にについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられる情報をお伝えしています。
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?
アフィリエイトは月10万以上を安定して稼げるのか?という点について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報をお伝えしています。
ドロップシッピングとネットショップの両方を体験した私の声
ドロップシッピングとネットショップの両方について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
アドセンスの月収はどれくらいか?|実際に稼いだ人を元に考える
アドセンスの月収はどれくらいのものか?について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
情報商材が詐欺と言われる理由|もし起業するとしても要注意
情報商材が詐欺と言われる理由について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
オーバーチュアとリスティングの違いについて
オーバーチュアとリスティングの違いについて書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこその情報が伝えられます。
せどりは儲からないものか?問題点から切り口を探す
せどりは儲からないものか?について書いています。初心者でも理解できるよう説明します。
個人がコンテンツ販売をするにはどんな手段があるのか?
個人のコンテンツ販売について書いています。うわべだけの紹介ではなく、経験者だからこそ伝えられるものがあります。
イラストを売る方法とサイトの紹介
イラストを売る方法とサイトの紹介について書いています。イラストを描くのは好きだけど、インターネットで売るところが分からない人に役立ちます。
動画を販売したいなら本気で制作に取り掛かる
動画の販売について書いています。ここでは、まず販売する前に「本気で取り掛かる必要性」について説明しています。