在宅でのホームページ作成はどのようなビジネス・仕事内容か?

在宅でのホームページ作成をする仕事、
つまりフリーのWEBデザイナーとも言えます。

 

仕事の流れとしては、「クライアントのニーズに沿ったホームページ(WEBサイト)を納品し、必要であればメンテナンスまで行う」といったところです。

 

初心者では難しい仕事で、HTMLやCSS、画像加工技術などの専門知識を必要とします。

 

制作の主な流れは、

 

クライアントのヒアリング
サイト全体の構築
ホームページ全体のレイアウト制作
トップページまたは個別ページのデザイン制作
文章制作(クライアントとの取り決め次第)
SEO対策(クライアントとの取り決め次第)
ドメイン取得・サーバ設定(クライアントとの取り決め次第)

 

といった流れになります。

 

そしてホームページ制作料金には相場はなく、制作者が決定できます。
実績があるかないか、どの程度作りこむかでも大きく異なります。

 

つまり制作者の実績、サイトの難易度、クライアントとの交渉で金額が変わってきます。

ホームページ作成における必要経費・料金

必要経費や料金に関しては、WEBデザイナーによって様々です。

 

様々なツール・ソフトを活用してサイトを作成するデザイナーもいれば、
ツール・ソフトをほとんど活用せず作成するデザイナーもいます。

 

最低限持っておきたいツールやソフトとして、

 

エディタツール
画像編集ソフト

 

といったものが挙げられます。

在宅でホームページ作成の仕事|どんな種類がある?

在宅でホームページ作成の仕事をするとき、どんな種類があるのでしょう?

 

こちらも他の受注の仕事と同じく、専門のサービスサイトがあります。

 

サービスを提供しているサイトに登録しますが、すぐに受注がくるわけではありません。

 

そこでは、価格や企画内容のコンペをするものがあれば、
依頼主の依頼内容そのままで応募するものもあります。

 

サイト作成といっても様々な依頼内容があるので、
在宅での受注を考えている人はまずチェックしてみましょう。

ホームページ作成に対する「個人的感想」と「向いている人」

在宅でのホームページ作成に対する個人的感想

私が考える、稼ぎ続けられるWEBデザイナーの方程式。

 

ニーズに対する受信能力×コミュニケーション力×納期力=一流デザイナー

 

 

 

ニーズに対する受信能力は、クライアントの要望通りのものが作れるか?というところもありますが、ニーズを汲み取った上で、さらにクライアントが喜ぶ提案できることを指しています。

 

 

 

コミュニケーション力は、納品までの細かいやり取りができる「調整力」とも言えます。

 

 

 

納期力は、納品日を守ることを指しています。

 

 

 

学校に通ったり、WEBデザイン会社に勤めたり、書籍のみを参考にしてデザイナーになる人もいますが、どちらにせよ「クライアントの要望通りのホームページ、または要望を超えられるホームページを提供できなければ意味がありません」

 

そして、その点において経験に勝るものはありません。

 

経験の中で、ニーズへの対応・対策を知り、SEO対策を知り、ライティングを知り、あらゆるサーバやレジストラ会社の仕様を知り、そこで初めてデザイナーとして成長できるかと思います。

 

ですがWEBデザイナーとして優れていても、良識のある人としてクライアントに接しなければ、受注に繋がることは難しくなります。

 

特にフリーで動くWEBデザイナーの場合は、結局「人が仕事を運んできてくれる」場合が多いので、いくらWEB上からの受注だとしても、しっかりとした取り決めで動き、しっかりとした対応を心がける事が、在宅でも稼ぎ続けることができるWEBデザイナーだと思います。

WEBデザイナーに向いている人

WEBデザイナーに向いている人は、「マインドバランスがよい人」だと感じています。

 

かなり抽象的で申し訳ないのですが、私が知っている限りでは、あらゆる面でバランスが取れていなければWEBデザイナーに向いていないと思うのです。

 

今や誰でもホームページが作れるようなソフトも存在するし、ネットショップもショッピングカートを利用すればある程度のサイトが作れるし、無料テンプレートもたくさん存在します。

 

WEBデザイナーは、もはやサイトを納品するだけでなく、「ITに関する多くの情報」を持っている必要があると思うのです。

 

そのため、根本的にバランスの良い考え方ができれば、「サイト制作以外の必要性」を考えることもできるかと思います。

 

例えばクライアントが一番喜ぶケースは、「何もせず利益に繋がるサイトを作ってくれる」ことです。

 

どんなクライアントも、利益追求のために依頼をします。
逆に言うと、「売れないサイトはいらない」のです。

 

そこで、「無料でサイトを作成代行を行い、集客または売上げで報酬を発生させる」
というオファーをだしたら、ほとんどのクライアントは喜ぶはずです。
WEBデザイナー側が計測を行うことで、そのような事も実現します。

 

計測だけでなく、売上げもあげなければ自分の報酬にならないので、SEOやSEM、LPOの知識も学ぶ必要があります。
その他、サイトに関する知識も必要になります。

 

ここでまた抽象的ではありますが、「マインドバランス」が取れてないと、ここまでの考えにも至らないと思うのです。
在宅で活動するにも、県内企業に向けて活動するにも、マインドバランス。

 

これはある意味、どんなビジネスにも必要なものかもしれませんね。

ホームページ作成で個人的にオススメの本

何となく自分だけのホームページを作りたい人でも◎

アマゾンのホームページ入門書でベストセラー1位にもなっている「初心者でもサイト作成ができる本」。

 

いきなり難しいサイトに挑戦するのではなく、小さなサイトから作っていくところが魅力的です。

 

何となく取りかかっていく内に、HTMLやCSSの基本が理解できるような良書です。


 

 

 

Wordpressに特化した本

初心者からプロのデザイナーまで頼りにされているワードプレス。

 

ワードプレスを使って、おしゃれにサイト構築ができます。
初心者でも取り組めるような構成内容です。

 

会社の公式サイトを作ることになった、自分だけのホームページが欲しい、とりあえずワードプレスでサイトを作ってみたいデザイナーにオススメです。


関連ページ

データ入力のバイト|在宅ワークで空いた時間に仕事をする
データ入力のバイトについて解説しています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
記事を書いて報酬が得られるライターの仕事|初心者でも可能?
在宅ワークの受注|パソコンで出来る仕事とその種類ついて解説しています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
DTPデザインを在宅で|経験を生かして仕事をする
DTPデザインを在宅で仕事をしたい人に向けて書いています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
プログラマーの在宅勤務|どんな職種があるのか?
プログラマーの在宅勤務とその種類について解説しています。今すぐ在宅で仕事がしたいプログラマーの男性、女性に最適です。
パソコンを使わない職業について|スマホや携帯で在宅アルバイト
スマホや携帯を使い、パソコンを使わないような職業について解説しています。今すぐ、さらに気軽に在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。