記事を書いて報酬を得られるのはどのようなビジネス・仕事内容か?

記事を書いて報酬をもらう。

 

もし、自分の好きなことや趣味について記事を書いて、
それで報酬をもらうことができたら有難いことですね。

 

今の世の中、自分の嫌いなことをやって生活さえもままならない人が多いですから。

 

記事を書いて報酬を得る仕事はライターとも言えますが、そのビジネス・仕事内容はシンプルです。

 

ライターとして登録する
依頼があった時に記事を書く
納品する
報酬を得る

 

この流れです。

 

ライターとして登録できるサービスは様々です。

 

もしライターとして本格的に活動されたい人は、一つのサービスではなく、
複数のサービスに同時登録する方が、依頼がくる可能性は高いと言えます。

 

求人・応募に関してですが、初心者でも応募できる依頼内容もあれば、資格取得者しか応募できない依頼内容もあります。

 

そちらに関してはサービス提供をしているサイトを覗くことで、より深く理解できるかと思います。

 

在宅ワークを始めたい方はコチラから

記事執筆(ライター)における必要経費・料金

記事の提供がメインなので、必要経費や料金は一切かかりません。
もし料金がかかるといったサービスがある場合、注意してその内容を確認しましょう。

 

あなたにとっても必要と感じるならよいですが、
不要だと感じる場合、そのサービスの利用は避けた方が無難です。

 

ちなみに、ライターとして仕事を続けていくためには、ある程度のライティング力(文章力)が必要です。
そうなると、一番良いのはライティングに関する本などで知識を身につけていく事です。

 

もし、感覚だけでよい文章を書けるという自信があるなら良いですが、そうでないなら書籍代を自分への投資として考えておきましょう。

初心者が記事を書いて報酬を得るのは難しいこと?

初心者が記事を書いて報酬を得ること自体、難しいことではありません。

 

記事執筆に関する依頼は山ほどあり、その中には初心者でも書ける内容、初心者でも応募できる求人が必ずあります。

 

ただ一つ考えておいてほしいのは、「どのくらい報酬を得たいか?」というところです。

 

記事を書いて報酬を得るという事は、副業といえど、
ライターとして活動するという事と一緒です。

 

音楽でいうところの、ミュージシャン。

 

ミュージシャンは、はっきりした資格がないという点でライターの職業と非常に似ています。

 

ではプロのミュージシャンという言葉はどれくらいから使ってよいのか?

 

というところになると、元ミュージシャンの私としては、

 

「生計が立てれるくらい稼いでいる」

 

という事が絶対条件だと思います。

 

もしプロのギターなら、それなりの技術・感性を持っているからこそ、
仕事の依頼がきて、その仕事の報酬によって生計が立てられるか立てられないかに分かれます。

 

そこまで報酬を求めていなくても、せっかくライターとして活動するなら、
ある程度の収入にはしたいはずです。

 

そうなると、ライターもミュージシャンと同じく、それなりの技術と感性がなければ依頼がきません。
簡単な案件は安く、高めの案件は技術と感性が求められるからです。

 

そしてライターの仕事は、高めの案件をこなせるようになると、
同じ会社や個人事業主がリピート発注してくれます。

 

そうなると有難いことに、仕事を探さなくてもリピーターからの依頼で仕事が埋まっていくのです。
そのため、ライターとして活動する時には、いかの2つの選択肢を決めておく必要があります。

初心者用の案件を探し続けて仕事をする
良い記事を書くことに専念してリピーター獲得に勤める

 

初心者でも気軽に始めることはできますが、それなりの報酬を求めるなら、
それなりの技術と感性を磨くことに専念しましょう。

記事執筆(ライター)に対する個人的感想と向いている人

ライターに対する個人的感想

ライターは今や特殊な仕事ではありません。

 

初心者でもライターとして活動ができるくらい世の中が進化しています。ただそれには程度があり、報酬も大きく異なってきます。

 

1文字0.1円程度もあれば1文字8円という高額な仕事もあります。1文字8円はさすがにメディアでライター活動をしている人くらいですが。

 

ただ、ある程度仕事ができるようになると、書くジャンルの幅が広がるので、ライターとして色んな仕事にありつけるメリットがあります。在宅ワークの中で仕事の幅が広いのがライターとも言えます。

ライターに向いている人

ライターに向いている人は、「多趣味、雑学好き」だと感じています。

 

現時点で「どれくらいうまく書けるか?」などは関係ないように思います。

 

「好きこそ物の上手になれ」という言葉があるように、好きなものが多い、世の中の色んなことに興味がある、そんな人ほど向いている気がします。

 

それがあれば、どういう風に書けばユーザは理解してくれるのか?興味をもってくれるか?といったテクニック的なところは、後から必ずついてきます。

記事執筆で個人的にオススメの本

WEBライターとして活動する人は必見の本

ライターとして活動を考えている、既にライターとして活動している人におすすめの一冊です。

 

依頼する会社や個人事業主のほとんどは、ライティングとSEOの両方を求めています。この本は、その両方の理解を深めてくれるもので、ライターとして業務に携わる人は必見と言えます。

 

あと逆引き形式になっているので、読んでいて疑問が沸く専門用語があれば、本の中で簡単に調べることができます。


関連ページ

データ入力のバイト|在宅ワークで空いた時間に仕事をする
データ入力のバイトについて解説しています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
DTPデザインを在宅で|経験を生かして仕事をする
DTPデザインを在宅で仕事をしたい人に向けて書いています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
ホームページ作成を在宅ワークで!?どんな仕事がある?
ホームページ作成を在宅で仕事したい方に向けて書いています。今すぐ在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。
プログラマーの在宅勤務|どんな職種があるのか?
プログラマーの在宅勤務とその種類について解説しています。今すぐ在宅で仕事がしたいプログラマーの男性、女性に最適です。
パソコンを使わない職業について|スマホや携帯で在宅アルバイト
スマホや携帯を使い、パソコンを使わないような職業について解説しています。今すぐ、さらに気軽に在宅で仕事がしたい男性、女性に最適です。